肥後国生活日常

肥後国での日常や、適当な創作。遅々として更新中の予定。

3月3日、桃の節句である。
昔、3月には穢を祓いのために、人形を形代として儀式を行っていたが
当初は女子だけの祭りではなかったというが、
江戸時代には今のような女子のための節句へと盛んになったと伝わる。

松尾芭蕉も、奥の細道の序章で、次のような謳い旅に出ています。
「草(くさ)の戸(と)も  住(す)み替(かわ)る代(よ)ぞ  雛(ひな)の家」と。 

意味は5つぐらいの解釈があるそうなんですが、其の中のひとつが
「日頃住み慣れた庵を、娘を持つ人に譲ったら、雛人形を飾るようになって春らしくなった」との事。
芭蕉は、春らしくなった庵を見ながら、奥の細道への旅へと出発したのでしょうか。

さて、そんな3月3日。雰囲気だけも醸し出そうとする事にして
部屋の中にある置物を厳選して、雛飾りみたいなモノにしてみましたよ。

IMG_8839


 

腰の痛みが、少し緩和したかな。
あと数日で痛みが取れそうな気がしないでもない。

さて、今日から弥生。3月ですね。今期が終わります。
まあ、事務職じゃないので、あんまし関係がないですけど。

さて、この時期になると車交の車をよく見かけるようになりますね。
高校生等が卒業間近ですし、車交に通う人がふえているのでしょう。
何気に、季節を感じる風景です。

※車交=自動車学校

 

何か腰が痛い。変だな。朝は何とも無かったのに。
昼に買い物が終わってから痛いなってる。
あれか。買い物の荷物を持ったからか。たいして重くなかったのだけど。
暫く様子見かな。明日に痛みが取れてるといいが。

さて、iPhoneの残り容量が、数GBがしかなくなり、
iPhoneから容量が足りませんぜって言わる日々。

これは、一番容量を専有している写真等を削除しないとなって事で
Macと共有かしているので、iPhotoのライブラリ内にあるいらない写真等を削除削除作業。

昔の写真削除すると、最終的に176GB空きましたとさ。

どれだけ、無駄な写真があったねんって思った今日この頃。 

このページのトップヘ