肥後国生活日常

肥後国での日常や、適当な創作。遅々として更新中の予定。

第六回「金闕を焚きて 董卓 兇を行し 玉璽を匿して 孫堅 約に背く」

ラスボスの董卓は、洛陽を捨てて長安へ。
悪の限りを尽くして、略奪とか平気でやるのは、さすが前半のラスボスである。
曹操が追撃するも負けちゃうだよな。
このあたりは李儒の采配が的確にヒット。曹操ボロ負けだし。

そして、孫堅が玉璽を発見して隠して逃げる。
漢の臣であると声高に言っていはずなんだけど。

結局バレるという。お約束なんだけど、
袁紹や劉表に玉璽を隠し持っているだろうと問われるも
孫堅は
「私が、もしそんな物を持っているなら、刀や矢の元で死ぬことになるだろう」
と2回言っている。これって伏線になっていただね。今気がついた。

三国志平話「黄巾 叛す」

漸く張角登場である。まあ、三国志平話では張覚って表記らしいけどね。

師匠である孫学究の元を去り叛旗するという。
って、孫学究のシーンいらないじゃねえかと羅漢中も思ったのか。
三国志演義では削られてる。

速攻で、大陸の3分の2を支配。早いな。数行で支配である。
そして皇甫嵩が大将軍として登場。
何進はどうしたのであろうか。

そして、義軍募集となる。漸く、主人公が登場かな。

桜が咲いている。
まあ、葉桜状態になりつつあるし、今週末に散り終わるであろう。
花見も出来ないので、通勤途中で見ているのです。

IMG_6590

今日は天気も良くてお出かけ日和。
さすがに、このご時世でお出かけは断念。
部屋の掃除に勤しむ。
キッチンの裏側を掃除していると、見たことがない歯ブラシを発見。
これは前の住民の忘れ物だな。
速攻で、ゴミ箱へレッツゴーであった。


 

私は同調圧力が恐ろしい。暗黙のうちに多数意見に合わす行為が。
例えば、オリンピック。みなが日本を応援。
感動し、その話題に合わせないと白い目で見られる。
まだ、オリンピックなら斜に構えていればなんとかなるでしょう。

コロナはそうはいかない。
でも、勘違いしないで下さい。
コロナを予防するのは賛成しますよ。
ただ自粛し、家に籠もっていないといけない空気感。あの空気感と閉塞感が恐ろしい。

誰もが自宅勤務や家に籠もり続ける事が出来るわけじゃないのに、
一歩での外に出ると、
何故外にいるウィルスを感染させる気なのかと罵られるのではと、
恐怖で周囲を見渡してしまう。

そして政府が配るマスク。これが大変恐ろしい。
政府からマスクがくると、それを身に着けないと、
あいつはコロナを感染させる気だと目の敵にされ、
通報されてしまう世の中となるのではと恐れてしまう。

こう書くと、マスクを身に付けるのは、当然だ。
周りに感染させてしまうだぞって言われるであろう。
確かに、そうかしれない。
でも、考えてもみて下さい。マスクは本当に政府より届くのでしょうか。

何故か、周囲には届いているけど、私には届かない場合。
「いや、まだ家には届いてないですよ」
って言って。信じてくれればいいのですが。
信じてくれなかった場合、その時は、どうなるでしょうか。

また、店頭からマスクがすぐに消えてしまう世の中。
ポストに届いたマスクが盗まれるかもしれない。
そしたら、手元に届きません。それで、マスクを身に付けていないと、
我が身は、世間から白い目でみられ、朝敵扱いなってしまうのでしょうか。

この同調圧力と、異分子を探し出し、
正義感に駆られた人々の行為が、
恐ろしい世界の窓を開けるのではないかと。
そう考えると、恐怖で身が震えるのです。

このページのトップヘ