第4回 「漢帝を廃し 陳留 位を践み 董賊を謀りて 孟徳 刀を献ず」

 新しい発見がある。王允が董卓の横暴を憂いて皆を集めるだけど、それは袁紹が出した手紙の影響なんだよねとか。あと李儒って、これを読むと無茶苦茶してるとかなるのです。

正史・三国志では辯(弘農王)のみ鴆毒で殺害しているが、演義では弘農業王以外にも何太后、唐姫までを殺している。何皇后は、鴆毒で殺害されているが実行者は不明。唐姫は殺害されずに生き残ってる。

さて、董卓殺害に失敗した曹操は逃げ出し、陳宮に助けられ、呂伯奢殺害になるのだけど、勘違いから殺害し、最終的に呂伯奢まで殺害するのだが。

曹操が「私が天の人を裏切ろうとも、天下の人に私を裏切るような真似はさせぬ」って嘯いているじゃないかな。そして陳宮は裏切り人生になっていくという。

三国志平話「張学究 天書を得る」

さて、話は漸く後漢時代に。

霊帝が、銅器や鉄器が唸りを発した事から、昔あったこんな事を問うから話は始まる。それに答えるのは皇甫松(皇甫嵩)嵩を松と表記するように、細かい誤字が多いそうで。三国志平話。

病気に苦しむ張学究が、天書を入手し、弟子を集めたで終わる回。未だに黄巾の乱も発生せず。因みに、南華老仙は登場せず。