ハガキに特化したラジオ番組って、何かあったなと思いながら、
「はがきでこんにちは」(スポンサーは日本香堂、毎日香とか青雲の会社)
ってあるよねって思いながら、そういえばRKKで聴かないなって思ってのです。

そして、検索したら、そもそも、全国放送じゃんかった件。

マジか。

東海三県以外にも、ハガキが採用されているから、

全国で放送してると思っていたのにな。

どうやら秋田、岡山、福島、中部(愛知、岐阜、三重、CBCラジオが聴ける範囲)、
福井、福岡、高知。山形だけだったのね。確か、長寿番組のはずです。

さて、エジプト神話に、シヌの物語がある。神話というより物語といって方がいいかもしれない。
物語は、アメンエムハト一世の死で始まる。
エジプト史を知らないオイラにとっては誰だよ状態ですが。

王の死後、何故か、シヌは身の危険を感じて逃亡する事から物語は始まる。
何故かは一切説明されないのが不思議だが。
各地を放浪するシヌはある時、
喉の乾きに襲われる

「私は苦しくなり、喉の乾ききってしまった。私は言った「これは死の味だ」

この表現がいい。そしてシヌは放浪後、レテヌーで有力者となり活躍するのだが、
それでもエジプトの思いが断ち切れず、ずっとエジプトに戻りたいと思っていた。

その後、エジプト王より使者がきて、
しっかりと埋葬するから帰って来い的な書状がきて帰る事を決意するって流れ

面白いのが、王が埋葬を約束する事や、エジプト国内で亡くなる事が重要みたいで
エジプト以外で死去するのが、当時の人々には考えられない事だったようだ。

物語の中には歌もあり、内容も起伏に飛んでいる。