もう、5月である。熊本で賃貸の契約をしたのが5月。
此処が出発点なのかもしれないと、私は思うのです。

さて、辞書を調べると、5月の異名として、皐月(さつき)、
橘月(たちばなつき)、早苗月(さなえづき)、仲夏(ちゅうか)、
五月雨月(さみだれつき)、月見ず月(つきみずつき)があるのです。

この「月見ず月」は、初耳ですから、私は辞書で調べたのです。

そしたら「五月雨で月が見えない事から名付けられた」という。
これは、私は知りませんでした。
五月雨で見えない月。その月に何を見ていたのでしょうか。

元々、さつきは、早苗月の略。早苗を植える月の事である。
早苗、稲を植える月。希望の月であったかもしれません。