3月3日、桃の節句である。
昔、3月には穢を祓いのために、人形を形代として儀式を行っていたが
当初は女子だけの祭りではなかったというが、
江戸時代には今のような女子のための節句へと盛んになったと伝わる。

松尾芭蕉も、奥の細道の序章で、次のような謳い旅に出ています。
「草(くさ)の戸(と)も  住(す)み替(かわ)る代(よ)ぞ  雛(ひな)の家」と。 

意味は5つぐらいの解釈があるそうなんですが、其の中のひとつが
「日頃住み慣れた庵を、娘を持つ人に譲ったら、雛人形を飾るようになって春らしくなった」との事。
芭蕉は、春らしくなった庵を見ながら、奥の細道への旅へと出発したのでしょうか。

さて、そんな3月3日。雰囲気だけも醸し出そうとする事にして
部屋の中にある置物を厳選して、雛飾りみたいなモノにしてみましたよ。

IMG_8839