肥後国生活日常

肥後国での日常や、適当な創作。遅々として更新中の予定。

カテゴリ: 日常

iPhoneを落とし、表裏もヒビが入るという事案がありましたとさ。
しかし、今のiPhoneは裏もガラスが入ってるのね。ヒビが入って驚いた件。

Apple Careに入っていたですが、1,200円で新品と交換になりました。
あれ?。以前は8,000円のはずだが、値上がりしてますね。

そして復元という作業。
以前は復元も楽な作業でしたが、ここ最近は面倒になってきましたね。手順が。
どんどんセキュリティレベルがUPしていく事で、敷居が高くなって手順が面倒になるという。

まあ、仕方がないですけど。上手くいかないとイライラいちゃいますね



 

8月1日である。旧暦でいうと八朔(はっさく)である。
八朔とは、8月1日の事。8月の朔日(1日)の略。朔は1日を示している。

農家では、当年の米を取り入れて、
田の実(たのみ)の節、田の実から頼みに寄せて
日頃の感謝から土器などに入れて主神に祀ったという。

また吉原では、秋の雪とも言われたそうだ。それは、この日遊女が揃って白無垢を着た事から言う。
何故白無垢を着たのは、次の文献等からきてるらしい。

「1年八朔に怪しからず(意味:異様に?)寒き有りしに、他の女郎は袷(あわせ)を着したるに、夕霧は寒き折から、相応に白小袖を着したり、夫故、外の遊女より見分よく見えたり」

「その頃、瘧(おこり)を煩らひけるが、馴染みの客来たりし時、打ちし居たりし白無垢の儘(まま)にて、揚屋入しける風の艶なるに、万客思ひをなやましけるが、これより移りて年々八朔に、白無垢を着る事になれりといへり」

この意味は何となく分かるけど、完全に訳せないもどかしさよ。完全に知識不足だな。

異称には、里の雪、白無垢、八朔の雪と言ったそうだ。白無垢を雪と表現してるのであろう。

尚、熊本には八朔祭があるそうで、それは上益城郡山都町にある八朔祭。
「大造り物(おおつくりもん)引き廻し」が見所らしい。それは竹や杉で作ってるそうな。
9月に行われるそうだが、今年はコロナの影響で中止らしい。
歴史は約260年を持つそうだが、コロナには勝てないようだ。本当に残念である。

まあ、仕方がないけど、大切のなのは、人の命であるのだから。

今日は、ご飯を炊いてなかったので朝から蕎麦です。
日本人は、朝から蕎麦を食べるのが伝統ですからね(違

IMG_7345


今気がついたけど、素足が写ってるw。

さて、昨日は晩酌で豆腐を食べたのですが
何時も、木綿豆腐と絹豆腐って、どっちが軟かいヤツだって悩むんですよね。
それくらい覚えろですが、何時も忘れちゃうのです。

IMG_7343D

結局、木綿豆腐で、硬いほうだったけど。絹豆腐が柔らかいほうか。
また忘れそうだな。 

本日26日は、六夜待(ろくやまち)って言う日で、26日の夜の月を拝んだ日との事。
今では、ほぼ廃れている風習ですが、江戸時代では盛んだった風習がありました。

何でも、7月の26日の夜半に、月が出る処を待ってこれを拝んでいたようです。
それは、月光の中に、阿弥陀如来、観音菩薩、勢至(せいし)菩薩、
所謂、阿弥陀三尊の姿が現ずると言われてる事からきてるようです。
この夜は、海岸の眺めが良い処に宴席を設けて、月の昇るのを観る習慣であったそうですよ。


観音菩薩は、阿弥陀如来の「慈悲」。勢至菩薩は「智慧」をあらわす化身との事。 
阿弥陀如来は、五劫、無限に近い。
まあ、「はかりしれない光を持つ者」とか「はけりしえない寿命を持ち者」的な意味。

MacOS Catalinaさん。10.15.6へアップデートしようとすると、
「選択したアップデートをダウンロード中にエラーが起きました。
インターネットの接続を確認してからやり直してください」
と無情にもDL中にエラー表示されてアップデート不可という。

いや、ネットつながってるよね。普通にネットサーフィンできるぜよ。

取り敢えず
①Macの再起動 → 状況変わらず。
②ルーター再起動 → 状況変わらず。
③有線無線へと接続方法変更 → 状況変わらず。
④モバイルWiFiに接続 → 状況変わらず

⑤結論 → 明日考えようw

そして、明日というかその後。
普通にアップデートが出来ましたとさ。

なんだっただよw 

このページのトップヘ